診療科目:保険診療

骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・スポーツ障害

当院では、さまざまな症状や状態に合わせた治療計画を立案し、

その治療計画に沿って施術にあたります。

■骨折

骨折とは:骨組織に発生した連続性の異常をいう。骨組織の連続が、ある部分において離断された状態をいうで骨が2つに又はそれ以上に折れるものをいいます

主な治療法:まず適切な整復をして、シ−ネやアルフエンス、ポリキャストなどで固定します。骨が接合してから、当院では縮んだ筋肉や組織を緩めたり、弾力修復のために中周波や干渉波を使い治療に当たります。

■脱臼

脱臼とは:関節頭が関節窩を逸脱して位置を転じ、関節が完全または不完全に離脱して、関節面の生理的相対関係が失われたもの。転倒や転落によって、関節部の骨が正常に動く範囲以上に強制された時に、骨が関節からはずれてしまう状態をいいます。当院来院者ではやスノ−ボ−ド、手を引っ張った際の小児が多いです。

主な治療法:まず適切な整復をし安静にして、固定などが重要になります。初回の治療を途中で自分の判断にて止めると、固定期間の不足から繰り返し脱臼する反復性脱臼になります。最後まで治療を受けていただき、次回同じ損傷を受けずらくなる、筋力強化やストレッチや防御法を覚えてもらいます。

■捻挫

捻挫とは:スポ−ツでいうと圧倒的に当院来院患者さんの中で、サッカ−やバスケットボ−ルの選手で足関節の前距腓靭帯が多く、暴力的に過度の関節運動やその関節に不可能な運動が強制された為に、関節嚢や靭帯が挫断され、しかも関節体相互の関係が正常位に保たれているもの言います。一方に制限された可動性をもつ関節、例えば膝、足関節等は捻挫を起こしやすく、自由な可動性を持つ肩、股関節では捻挫は起こりにくいです。

足関節捻挫は、内がえし捻挫と外がえし捻挫に区別されますが、実際には内がえし捻挫がその大半を占め、足首の外側の骨の周囲が痛む場合がほとんどです。足首の外側の靱帯のうち、前距腓靱帯と踵腓靱帯が損傷を受けることが最も多く、その損傷の程度によって重傷度が異なってきます。症状はいずれの場合も疼痛、腫脹、熱感、皮下出血が出現し、靱帯断裂を伴うものを程度がひどいと捉えます。不安定性を確認するテストで重傷度により治療方針を決定します。

主な治療法:関節の受傷後には損傷部の安静は必要ですが、損傷部位の固定のみで後は回復を待つというのは、予後を考えると決して良いことでなく、早期に回復するため多くの医療機器を使い、また術者の手による治療が必要と思われる。前距腓靱帯の例です。

1.炎症を抑える
前距腓靱帯の治療としてまず冷却を考えます。早期に炎症を抑えると言う事でクライオパックで内部の腫脹や皮下出血を抑えます。

2.テーピング・ギブス固定などをする
テーピング適応の場合、ただ足関節全体を固定するのではなく、損傷した靭帯のみに負担をかけずに、歩行する状態をつくるテ−ピングを実施して、杖なし歩行やスポ−ツでの運動を行える様、足の状態のパフォ−マンスをできる限り妨げないようなテ−ピングを心掛けています。

3.腫脹、熱感が少し治まってきたら
筋肉や靭帯の痛みを軽減させるため、当院では干渉波などをかけ、血行促進や鎮痛消炎効果を出します。

4.回復期に関節面の矯正による腓骨外果前法変位
足関節の外傷で外果の後方への可動性減少の場合、マニュピュレーションによる腓骨外果の調節をします。また急性期に行うこともあります。

5.柔道整復師による軽擦法〔マッサ−ジ〕
患部の筋肉の走行をマッサージにより整えたり血行を促進します。また回旋動作などを加えて関節の可動を改善します。

■打撲

打撲とは:鈍物体の外力作用により、軟部組織を骨面に向かって圧迫し、あるいは圧搾されて軟部挫傷を来し、その軽重により差があります。通常皮下溢血、血腫等を生じその重傷のものは骨質をも圧挫して骨挫傷となり、骨膜を挫傷するときは骨膜下に血腫を形成します。

主な治療法:徒手検査などで損傷具合などを確認し、炎症や皮下溢血がある場合、クライオパックや干渉波などを使用して炎症を抑えたり、皮下溢血が消えていくように処置していきます。また損傷程度により包帯固定や、テ−ピングまたはサポ−タ−を装着し固定して、運動しながらでも修復できるか最善を尽くします。

■挫傷(肉離れ)

挫傷とは:軟部組織(主に筋肉)に傷を受けることをいうが、肉離れのことです。背中(肩甲骨の内側)や腓腹筋や大腿前面の大腿直筋、内転筋の挫傷が多いです。

主な治療法:まずどのぐらいの損傷かを超音波観察装置などで、広がり方や深さなどを見て治療法を決めていきます。ほとんどの場合まず、炎症を抑えるためにクライオパックなどを使い、そして中周波などで痛みを沈静させ、キネシオテ−プや弾力包帯などで固定していきます。



・スポーツ等によるけが:足首の捻挫、太ももの肉離れ、突き指、すねの打撲・・・など。

・日所生活におけるけが:寝違い、ギックリ腰、手首の腱鞘炎、小児の肘の脱臼・・・など。

Copyright © 2008 - 2017 5stars.eev.jp 割引クーポンと地域情報タウンタウン